メッセージ

「この3つを辞めるだけで人生が楽になる それは・・・」

生きていると、心がしんどい。苦しい。

なんかやる気が出ないなど、ネガティブ

な状態になってしまうことがあります。

 

そのような状態から、いち早く抜け出し、

楽に生きられる状態になりたいですよね。

 

今回は、私達が苦しい時に陥りやすい

3つのパターンを紹介します。

 

この3つを辞めると、私も大分、

楽に生きられるようになり

その後、前向きに行動もできるように

なります。

 

逆を言えば、私自身が、今まで

この3つを自分に行い

苦しんできた内容ともいえます。

 

私と同じようなパターンで、

苦しい想いをしている方が

いたら、是非、参考にしてください。

 

1.他人との比較

今の自分の現状を他人と比較してしまい、「自分ってダメ」と思ってしまうケース

です。

何か物事がうまくいった時でさえ、

「あの人は、とっくにできてる」

「こんなこと、出来て当たり前だよね」

などと自分と他人を

比較し、落ち込んでしまうケースです。

この他人との比較をしそうな自分が

いたら、辞めて欲しいのですは、

昔からの習慣なので、辞めたくても

辞められません。

 

そんな時は、同じ比較でも

過去の自分との比較

意識を向けてみましょう。

「1年前は、できなかったけど

できるようになった」

「大変だったけど、あの頃の自分より

成長できてる」

 

そんな風に過去の自分と比較することで

自然に「他人との比較」を辞めることが

できます。

 

2.白黒思考

自分や他人・物事に対して、

何でも白・黒はっきりさせようと

してしまうことです。

私の場合、自分に対して

「お前は仕事ができる」

もしくは「仕事ができない」と

白黒はっきりしたレッテルを

貼ってしまうことがあります。

 

「私は、仕事ができる」と思っている時

は、もちろん心の状態は良い。

 

「私は仕事ができない」と

黒のレッテルを張ってしまった時が

大変です。

 

もちろん、物事、白黒はっきりさせないと

いけないこと状況はあると思いますが、

そればかりではありません。

 

「私はできる仕事もあるし、

苦手でうまくいかないこともある」

ぐらいに、あえてグレーで物事や

自分自身を見ることで、

白黒思考から抜け出すことができます。

 

3.自己否定の上塗り

ここまで紹介した2つの例からも

わかるように

私達が苦しむ時の多くは、

「自己否定」をして苦しんで

いる。といえます。

 

私自身も自己否定をしている自分を

変えなきゃと思い

できるだけ自己肯定しようと思った

時期がありました。

 

そのように、今生きている方も

いらっしゃるのではない

でしょうか?

 

「自己肯定感」を持とうと努力している

人の注意点は

「自己否定」している自分をダメと

「だからダメなんだ」と

思うようになり、否定の上塗りを

してしまうことです。

 

これは、私自身が陥ったパターンで、

自分でも気づかず

人から指摘されて発見できたくらいです。

 

今は、自己否定している自分を

「自己否定するほど辛いんだね」

とまずは一旦受け入れるように

しています。

 

こうすることで、苦しみから、抜け出す

一歩を踏み出すことができる状態に

なります。

 

まとめ

今回は、私達は人生を楽に生きるために

辞めたい3つのことを

お伝えしました。

 

しかし、「辞めよう。辞めよう」と

思うと、又やってしまうのが

人間の脳の仕組みです。

 

今までやってきたことを辞めるには、

何かそれに代わる違うことを

やるというスタンスが大事です。

 

今回お伝えしたことを是非、

実践することで心が楽な状態を

是非、実現してみてください。

 

1.他人との比較を辞め、

過去の自分との比較を意識する

(成長しているところ)

 

2.白黒思考(AかBかどちら?)を

辞め、グレー思考も活用する

(AでもあるしBでもある)

 

3.否定の上塗り

(自己否定している自分はダメだ)を辞め

自己否定している自分の受け入れる

 

このトレーニングを積むだけで、

多くの方々の日常が変化していきました。

 

さあ、今後はあなたの番です。

変化の一歩を踏み出してみましょう。

 

-メッセージ

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5