メッセージ

ポジティブとネガティブ どっちがいい? その答えは・・・

今日は、先日相談をされたある男性の事例から紹介します。

 

 

「僕、これから転職も考えているんです。

どうしてもネガティブ思考で、

悪く考えちゃうんです。」

 

「本当は、ポジティブになりたいん

ですけどね」

 

そんな風に一人事のように

おっしゃいました。

 

この方のように、自分のネガティブ

思考がダメだ。

もっとポジティブになりたい。

そんな風に思っている方が

沢山います。

 

世の中の風潮として、ポジティブ思考は

良いことで

ネガティブ思考はダメなことという

風潮は確かにあります。

 

その風潮をみんな「当たり前のこと」

だと認識していて

だから、ネガティブな自分はダメだ。

と自分を責めてしまうのです。

 

そして、どんどんネガティブに

なっていく(笑)

 

このような悩みを僕自身もずっと

抱えてきましたが、

改めて、ポジティブ思考とネガティブ

思考 どちらがいいのか?

について、私の考えをお伝えします。

 

私自身の経験、そして出会った人達との

関わりから出た結論は

ポジティブ思考、ネガティブ思考

どちらも重要です。

 

なぜ、そうなのかをこの後

解説していきます。

 

ネガティブ思考にも良い面がある

一般的にダメなことだと思われている

ネガティブ思考ですが、

実は良い面があります。

そもそもネガティブ思考というのは、

起こっている出来事などに対して、

否定的な見方をするということですよね。

 

例えば、将来のことが不安だ。

などは典型的なネガティブ思考の

パターンです。

 

もちろん、このネガティブ思考が

行き過ぎることは弊害がありますが、

その反面、良い点もあります。

将来は不安だ。失敗したくない。

 

だからこそ、しっかり準備しようとか

行動するのを今は止めておこうなどと

慎重になります。

 

そうすることで、自分自身を守ることが

できる。

 

ネガティブに慎重に考えたことで、

準備を万全にして行動できる。

 

これが、ネガティブ思考の良い面と

言えるでしょう。

 

無理やりポジティブ思考の危険

 

 

 

逆に良いとされているポジティブ

思考ですが、

こちらも落とし穴があります。

 

ポジティブ思考が良いことで、

ネガティブ思考はダメと

囚われすぎている方が要注意です。

 

取り組むことに対して、

本当はネガティブな面も

あるはずなのに、

あえてネガティブな面を見ようとしない。

 

無理やりポジティブ思考の状態に

なっている方です。

 

このような方は、最初の一歩の行動を

素早く取ることができます。

 

ただ、始まってから起こっている

ネガティブな出来事に

対応できないのです。

 

ポジティブな面しか見えていないので、

ネガティブなことが起こった時に、

対処できず、行動が止まったり、

極端に落ち込んだりします。

 

本当に大切なのはバランス

思考だけに限りませんが、世の中の

「良い」と言われていること

には、必ず裏があります。

 

そして、私達の思考の癖は、

何でも「良い」「悪い」と

白黒をつけたがります。

 

ここまでお伝えしたポジティブ思考

とネガティブ思考に関しても、

どちらも必要という考え方が重要です。

 

実際、私の周りでいる仕事や人生が

うまくいっている方は、

一見ポジティブに見えます。

 

だだ、実は、ネガティブ思考も

取り入れている方が多い。

 

元々がポジティブな方があえて、

ネガティブな面に焦点を

当てることで、リスク対策も

取って行動している。

 

逆に元々がネガティブな方は、

意識してポジティブな面に

焦点を充ててみること。

 

そうすることで、慎重になり過ぎて、

行動できない人が

思い切って行動できる。

 

いかにこの2つの思考のバランスを

取りながら

行動できるか?が重要ですね。

 

まとめ

自分が普段どのパターンで思考する

ケースが多いか?をまずは

チェックしてみましょう。

 

多くの方がポジティブ型かネガティブ型

どちらかに偏っている

ことが多いです。

 

そのことに気づき、自分で修正することで

バランスが取れるようになってきます。

 

具体的にバランスをどう取っていけば

よいか?具体的に知りたい・理解したい

という方は個別にご相談くださいね。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございます。

-メッセージ

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5