メッセージ 書評

人は自分にできないことは夢みない by 私に帰る旅 岡部 明美

僕が好きで興味を持ち続け、続けているのが心の学び

 

26歳に選択理論という心理学に出会ったことをきっかけに

今まで数多くのセミナーにも参加し、今も学び続けている。

 

自分という人間を知るプロセスで、「人間とは?」

「人生とは?」を考えること、感じていくことが楽しい。

 

今まで学びの中で自分と向き合ってきたことで変化できた

こともあるし、今もまだ変化できていないこともあります。

 

その過程や想いをこのブログでも表現することで、自分

と同じようなことで悩んでいる人の力になれたら嬉しいです。

 

自分の体験を通じて、1人でも多くの人の人生の変化に

寄り添っていく。

 

僕が、この人生を通じて行っていきたいことです。

 

僕が心の学びをする中で、今、特におすすめなのが

この2人

 

山崎 啓支さん 

ホーム

 

岡部 明美さん

http://okabeakemi.com/

 

2人の考え方、言葉の表現、生き方、あり方に感銘を

受けます。

 

2人にはなろうと思わないけど(なれないし)

2人の中にあって、自分にもあるものを発見し、

それを人生に活かしていきたいと思っているのです。

 

今日は、岡部明美さんの「私に帰る旅」という書籍の

中のメッセージを紹介し、僕の想いも合わせて伝えたい。

 

 

「人は自分にできないことは夢みない」

 

岡部さん自身が初めて参加したワークショップの先生から

言われた言葉だそうです。

 

岡部さんは、当時、脳腫瘍のリハビリ中でありましたが

ワークショップに参加し、「自分もこのような仕事をしたい」

 

先生に宣言されたそうです。

まだ、学びを始めたばかりで、セラピーやカウンセリング

もしたことがないので、宣言してしまった岡部さんに

対して、先生が伝えた一言。

 

「人は自分にできないことは夢みない」

 

僕も岡部さんや山崎さんのように、セラピーやカウンセリング

それをグループに対し定期的に行うセミナーをやりたい。

 

でも、自分には、どこかで無理なんじゃないか?

できないんじゃないか?という葛藤を抱えています。

 

そんな自分にも向けられているメッセージのような気がして

印象に残りました。

 

自分にできないことは、そもそも夢を見ることもない。

 

今から、プロ野球選手や総理大臣にはなりたいとも

思わない。

 

できないかもしれないけど、やってみたいことは

本当の自分が求めていることなんです。

 

僕は、自分がやりたいことは、もうここ数年ずっと

想い続けています。

 

そうすると、なぜかそれに近い仕事や関連性のある

仕事を行うことが増えてきています。

 

もちろん、山崎さん、岡部さんのようなレベルの仕事は

できていませんが、10年前に比べれば、近づいています。

 

近づいてはいるけど、実現まではしていない。

そんな状況です。

 

そして、そんな状況を作っているのも実は自分自身。

 

今の自分にできそうなこと、無難なことを探してしまい

流されてしまうことも多いのです。

 

もっと、本来の自分が心から望んでいること

これをやることが自分の魂が喜び、多くの人に役立てること

 

そんな生き方をこれからは歩んでいきたい。

 

自分の中にあるポジティブな自分とネガティブな自分

どちらも受け入れて、一歩ずつ前に進んでいきたい。

 

このプロセスを又、皆さんにもお伝えしていきます。

 

「人は自分にできないことは夢みない」

誰かのようになろうとしない

何者かにならなくてもいい

すごい人、素晴らしい人にならなくてもいい

 

自分にしか歩めない 自分の道を進んでいく

 

嬉しいこと、楽しいこと、苦しいこと、悲しいこと

 

色々なことを体験して、自分の使命・ミションを

思い出す「私に帰る旅」

 

岡部さんの人生だけではなく、誰にでも当てはまる

人生の真実が書かれています。

 

もし、よかったら、読んでみてくださいね。

 

-メッセージ, 書評
-,

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5