習慣化 NLP

NLPの習慣化と実践 vol.4 ~意識的に生きるとは~

今回は、NLPの習慣化と実践について

第4回目の連載です。

 

前回の連載(vol.3)では、意識と無意識について

説明しました。

 

そもそも、意識とは何ですか?と聞かれると、

明確に答えられる人は、少ないのではないかと思います。

 

意識という言葉の解釈は人それぞれです。

 

僕がこの連載のベースにしている書籍

「習慣化のシンプルなコツ」では下記のように

紹介されています。

 

意識とは、思考や感情ではなく、あなた自身のこと

あなた自身(王様)=主体的に選択できる意識

 

正直、ちょっとわかりづらいですよね。(笑)

もう少し、説明を続けます。

 

僕達、人間の中には、2人の自分がいて、

それが「意識的な自分」と「無意識的な自分」です。

 

僕たちは、実は主体的には生きておらず

驚くほど、無意識的に流されて生きています。

 

そのことをよくわかっておく必要が

まずあります。

 

無意識的に流されて生きているということは、

無意識が作った仕組み=プログラムに従っている状態です。

 

「自分を変えられる自分」=主体的に選択できる意識

「自分を変えられない自分」=無意識に流されている意識

 

僕達は、「自分を変えられない無意識に流される状態」

で生きていることが多いのです。

 

脳内プログラムは、実は意識とは関係なく、

思考・感情・身体をとおして実行されます。

 

下記の2つは、僕が以前、脳内プログラムの

影響で持っていた恐怖症です。

 

犬が怖い(思考)⇒恐怖心(感情)⇒緊張(身体)

人前で話すのが怖い(思考)⇒恐怖心(感情)⇒緊張(身体)

 

犬は恐いという思考が恐怖心を生み出し、身体に緊張が走ります。

この時、意識的にはなく、無意識的に反応してしまいます。

 

では、意識的に生きているとはどういう状態でしょうか?

 

それは、あなた(意識)が思考・感情・身体を

操っている状態を言います。

 

下記のような流れです。

 意識 ⇒ 思考 ⇒ 感情 ⇒ 身体

(王様) (手綱)  (馬) (馬車)

 

逆に無意識的に生きている状態というのは、脳内プログラムが

思考・感情・身体を通して働きかけ、意識を乗っ取ります。

 

下記のような流れです。

 意識 ← 思考 ← 感情 ← 身体

(王様) (手綱) (馬)  (馬車)

 

僕達は、ほおっておくと、このような流れで

感情やネガティブな思考に流されて生きてしまいます。

 

そんな時、王様であるあなた(意識)だけが、

思考・感情・身体の反応に逆らい、流れを変えることができます。

 

例えば、早起きしようと思って、朝早く目覚めたけど、

「もうちょっと寝た方が気持ちいい」という感情が芽生えしまう。

 

そんな時、何も意識していないと、僕たちは、

感情から思考、身体感覚まで流されて、二度寝します(笑)

 

この流れにあなたが(意識)が逆らって、思考・感情・身体を

操ることができることもありますよね。

 

「二度寝したい」という感情が出てきた時に、

あなた(意識)が主体的に選択するケースです。

 

あなた(意識)が主体的な位置から「起きる」と決めます。

 

このような流れで、脳内プログラムの影響を最小限に

抑え、自分の思考・感情・身体の感覚をコントロールします。

 

 意識 ⇒ 思考 ⇒ 感情 ⇒ 身体

(王様) (手綱)  (馬) (馬車)

 

このような主体的な位置からの選択をするためには

4つ(意識・思考・感情・身体)を別々に考えることが重要です。

 

意識(あなた)は身体ではない

意識(あなた)は感情ではない

意識(あなた)は思考でもない

 

この3つの考え方が意識的に生きるには重要です。

 

今日は、ここまでです。

 

無意識的に思考・感情・身体に流されて生きるばかりでは

なく、意識的に自分の思考や行動を選択できるようになる。

 

そのことが良い習慣化には重要です。

 

 

-習慣化, NLP

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5