父親子育て実践

父と息子の夏遊び ~誰でも気軽にできる夏の思い出作り~

今年もいよいよ夏がやってきましたね。

 

とはいえ、コロナの影響で、夏のイベントが軒並み

中止。

 

そんな中、息子との夏の思い出をどう作ろうか?

考えている今日この頃です。

 

今、息子と一緒にはまっているのが、父子2人の

自宅庭での花火。

スーパーなどで売っている1000円以内の花火セットを

買ってきて、できる日は毎日のように2人でやってます。

 

父と子の2人花火をやってみて感じた良かったこと

を是非、お伝えできればと思います。

 

五感を刺激する花火を手軽に何度も楽しめる。

花火大会のようなインパクトのあるイベントももちろん

記憶に残ります。

 

ただ、僕が花火の子供の頃の思い出って、おじいちゃん

家の前の親戚や近所の子達と一緒にやった花火なんですよね。

 

その時の風景、花火の音、花火から出てくる煙の臭いと

みんなの笑顔。五感で感じた記憶が全て思い出されます。

 

そんな体験を3歳の今だからこそ、息子にもして欲しいという

気持ちで花火をできるだけやっています。

 

買ってきた花火を数本ずつやるだけなので、数十分で済みますし

息子は、それでも花火を毎回楽しみにしています。

 

夜は家の中にいると、TVやDVDなどを見ることもが多くなるので

それ以外の時間も作るという意味でも効果的です。

 

ちなみに、息子も花火から出てくる煙の臭いが大好きみたいです。

 

インパクトも大事ですが、回数も大事ですので、息子に

父と一緒にやった花火を楽しい思い出として記憶してほしいですね。

 

父と子、2人だけの時間で男同士の話ができる

子供はどうしてもお母さんと一緒にいる時間が長くなるし、

お母さんのことが大好き。

 

それはいいのですが、父ならではの関わりも大事だと

思っているんですね。

 

今、うちは、妻が妊娠中ということもあり、弟が生まれた

後のことやお母さんが入院した時にどう過ごすか?

 

そんなことや将来なりたいものなどを2人で話します。

 

息子もお母さんとの会話では出ないような発言もあったりして

それも又、楽しみだったりします。

 

花火をしながら、息子との会話を楽しみ、話も弾みます。

 

まとめ

 

今年は、コロナの影響で、今までできていたことができない

そんなことが沢山増えました。

 

当たり前にできていたことへの感謝、そして、この環境の中でも

何かできることはないか?そんな気持ちで子育ても考えています。

 

大きなイベントには参加できなくても、だからこそ、家族だけの

楽しい時間をたくさん作る工夫をすることが大事ですね。

 

世の中のお父さん、父にしかできない子供との関わりも

ありますから、一緒に子育てライフを楽しみましょう。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

-父親子育て実践
-

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5