ランニング

トレッドミルを使ったランニングトレーニング 僕の活用法

今日は、朝からあいにくの雨

 

6月に入ってから、雨の日が多くて、昨日も予定していた

ランニングが出来ませんでした。

 

梅雨の時期だから仕方ないのですが、せっかくランニングが

習慣になってきたのに、走れないとイライラしてきます(笑)

 

そんな時、市営体育館のジムが再開のお知らせがきました。

1回200円で1時間ですが、トレッドミル(いわゆるルームランナー)

を使って、走ることができます。

 

僕は、ロードやトラックで走ることが好きなので、あまりトレッドミル

には良い印象はなかったのですが、「走ることができないよりはまし」

 

ということで、約5か月ぶりにトレッドミルで走ることを決め

ジムに行ってきました。

 

トレッドミルで走ることで、嫌なことは?と考えると

気持ちが悪くなってきますので(笑)

 

久しぶりにトレッドミルで走ったことで良いと感じたこと

これからの活用法を今日は、お伝えできればと思います。

 

1.ペース走(一定ペースで最初から最後まで走りきる練習)には

効果的

 

トレッドミルは、時速〇〇㎞と自分で設定して走ることができます。

自動的にそのスピードを設定して、マシンが動きますから、そのまま走ると良いです。

 

ペース感覚=今、自分がどのくらいのペースで走っているのかを身体で感じる感覚

をつかむことが大事とマラソンの練習ではよく言われます。

 

このペース感覚をつかむのが初心者の僕は、まだ苦手です。

「今、5分30秒くらいで走ってるかな」と思っていたら、6分ペースだったりします。

 

このペース感覚を身体になじませ、自分が今、走りたいペースで走ることができる

ようになると、長い距離を走る時に、自分で自分のスイッチを入れやすくなるかもしれません。

 

ですから、ペース感覚を自分にしみこませる。

 

僕であれば、今日走った4分50秒/㎞ペースで3フルマラソンを走ることができるように

なることが今年の目標なのですが、そのペースに慣れていくには、トレッドミルを使った

練習は良いと思いました。

2.傾斜設定で上りと下りの練習が意図的にできる

 

上りや下りの練習が重要だということは、僕もわかっていて、時々、上り下りの

ある場所を見つけてやることがあるのですが、どうしても先延ばしになりがち。

 

定期的に坂道練習をなかなかできていない為、ジムでトレッドミルを活用する時は

坂道練習(上りor下り)と決めてやるのもいいかなと思いました。

 

坂道練習って、ちょっと苦しい、身体が重くなる感覚があるので、

トレッドミルでトレーニングする時は、坂道練習って決めていくと良い習慣に

なるかと思います。

 

3.雨の日・暑い日の走行距離の確保

 

これは、初めて雨の時期を迎えて、思いました。

 

雨で外を走れない。暑くて、熱中症の心配がある。

でも、走りたい。そんな時は、トレッドミルですね。

 

これから、梅雨と真夏がやってきます。

 

トレッドミルをうまく活用して、この時期の

ランニングトレーニングを楽しんでいきたいと思います。

 

まとめ

今回は、久しぶりにトレッドミルでランニングした結果

これから活用したいトレッドミル活用法を考えてみました。

 

ここまでブログに書いてきたことを踏まえ

ペース走(5分~4分50秒くらいを目安)× 傾斜を使った坂道練習 × 雨や暑い日

 

この公式で、これからトレッドミルを活用した練習を活用して、習慣化していきたい

と思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

今日の走行距離:9㎞ (6分/㎞を1㎞ 5分30秒を2㎞ 4分58秒を3㎞ 4分50秒を2㎞ 4分40秒を1㎞)

6月合計148㎞

本日の体重:54.5㎏

本日の睡眠時間:7.5時間(pm10時~㏂5時30分)

-ランニング
-, ,

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5