ランニング 習慣化

「初めての通勤ラン やってみることで得られた気づきと発見」

おはようございます。

昨日は、会社関係で久しぶりの会食の機会があり、

お酒も飲みました。

 

ということで、普段、車通勤の僕でしたが

会社に車を置いて、徒歩で自宅まで帰ったので

今日は、朝、家にもちろん車はない。

 

いつも通りの早い時間に起き、

今日の天気予報を確認したら、午後から

雨が降るみたい。

今日は、夕方、ポイント練習をしようと

思っていたのに残念。

 

これからは、梅雨の季節で、雨が多くなるし、

ジムや体育館で走るのも、まだコロナの影響で

微妙です。

 

だから、うまく隙間時間を利用して、走る時間を

作ることが大事と思い、急遽、通勤ランを

やってみることにしました。

 

いつも、ジョギングで使っているリュックサックに

着替えの服とタオル・水を詰め込み、出発。

 

片道、約4kmを6分/kmのペースでゆっくりラン

実は、昨日のお酒がまだ少し身体に残っている感じも

あり、早く走ると気分が悪くなりそうだったので

ちょうどよいペースで、汗も程よくかき、体調もスッキリ

しました。

 

お酒を少し多めに飲んだ日は、どうしても朝起きると

身体がだるく感じてしまい、ダラダラしてしまうことも

あるけど、今日のようなゆっくりランをやれば

体調回復も早くなるのかと感じました。

これからも飲んだ次の日の朝はゆっくりランを

しようと思います。

 

又、今まで車でなんとなく通っていた通勤ルートも

ランニングコースとして、走ってみると、程よいアップダウン

があり、ランニングコースとしていいなあと新たな発見。

 

やっぱり、普段と違うことをあえてやってみると

いつもと違う発見や気付きがあって面白い。

停滞期、マンネリ期の脱出方法で、僕が大切にしていること

いつも無意識でなんとなくやっている習慣を

あえて意識的に変えてみることで、刺激や気づき

自分自身の変化に繋がると感じた通勤ランでした。

 

まとめ

 

通勤ランからの気づきと今後の行動ポイント

1.天気や急遽の予定で、思った通りの練習ができないこともある。

だから、走らない(やらない)ではなく、柔軟に思考と

行動を変えて、できることをやってみよう。

 

2.お酒を多めに飲んだ次の日の朝は身体がだるく

ダラダラしがち。ゆっくりジョグで汗を流し、

お酒も抜くとダラダラタイムがなくなる。

 

3. 通勤ラン、4㎞くらいはちょうどいい距離

走ってから仕事をするのも、すっきりした気持ちで臨めて

1日前向きにスタートできるし、時間も有効活用できるから

時々、やってみよう。

 

4.いつもと違う新しい行動を意識的にやってみると

いつもと違うことが起こり、刺激になる。

変化を楽しめる自分になるために、

「何か違うことをやってみる」

はやっぱり大事です。

 

是非、皆さんも通勤ラン、体験してみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

-ランニング, 習慣化
-

© 2021 ikigai生活 Powered by AFFINGER5